スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢をかなえるメモの習慣の紹介

仕事をする上でメモを取るということはとても重要な事です。

私はメモを取らなかったが為に苦い経験をしたことがあります。

では、メモは何の為に取るのか?

仕事に必要だから?
大事な事を忘れないため?

どれも正しいと思います。
でも、そのメモは実際にあなたの将来に直接繋がっていますか?

今回私が読んだ
「夢をかなえるメモの習慣」という本には取ったメモを有効に活用
する方法が紹介されています。

内容はメモを取るために使う便利なつツールの紹介や、そのツール
を利用し新しいアイデアを生み出す方法から始まります。

メモを書く時の注意事項やそのメリットデメリットも詳しく紹介されて
います。

仕事をしていく上でとても参考になる一冊でした。
4月から社会人になり、メモを取る機会が増えるのでこの本で紹介
された内容を実践しようと思います。

この本でも紹介されているのですが、メモの取り方に正しいものは
ありません。
この本ではメモをとる際のアイデアが紹介されているだけで、メモ
の取り方は自分にあったものを自分で生み出すしかありあません。

なので、最初は難しいかもしれませんが、がんばって自分なりの
メモの取り方を身に付けたいと思います。

STUDY HACKSの紹介

学生と社会人の勉強の仕方って変わってくると思います。

社会人は本業があるので学生ほど一日に勉強に費やせ
る時間がありません。

では、どうやって勉強をしたらいいのか?
それが、今回私が読んだ「STUDY HACKS」にまとめてあります。

STUDY HACKS!STUDY HACKS!
(2008/02/28)
小山 龍介

商品詳細を見る


前回紹介した本が「脳にいいことだけをやりなさい」で脳と
今回は勉強ということでいくつかの話で共通する内容があり
説得力が増しました。

ミラーニュートンの話や腹式呼吸で深呼吸をすることにより
不安を取り除くという話は共通する内容でなるほどと更に
思うことが出来ました。

勉強の話ではiPodを有効に使う話やインターネットによる
情報収集の仕方の話ではとても参考になり、既に実践し
ています。

一番気になった話は、キャリアハックでの「ブルーオーシャン
戦略」の話です。

現在のキャリアとは関係のないと思われるキャリアの勉強
を進めることにより、唯一無二のユニークな自分だけのキャ
リアを取得するという話です。

これはあまりビジネスの世界に詳しくない私にとってはとても
参考になりました。

私の場合、ITというキャリアに加え出来れば教育に関わる
なにかを身に付け新しいことをしたいと考えています。

この「STUDY HACKS」の著者の小山龍介さんは他にも執筆
されている本があり、とても参考になる本がありますので今後
購入しようと考えています。
その時はまたブログにて紹介致します。

iPodを活用しよう

就職に関してひとつどうしようかと迷っていることがある。

就職に対する不安は特に無いのだが、
通勤時間がやはり長いなぁ…。
片道電車、バス、徒歩合わせて約50分…。
往復で約100分…。

一週間で500分は時間かかりすぎだなぁ(;一_一)

とういうことで、この一日100分を有効に活用することが、
いまさらですが大事だと気付きました。
では、どのように活用するかというと…。

やはり「iPod」を使います。

なんだか、「i Tune」ストアで無料の自己啓発や
英語のリスニングの音声ファイルが手に入るみたいで
これを活用しない手はないなぁ(^^♪

他にも試しに検索してみるとすごい数の音声ファイルが
見つかりました。

他にも通勤時間を有効に使える方法が見つかればブログに
載せたいと思います。
みなさんもおすすめがあれば教えてください( ..)φメモメモ
お願いします(^^ゞ

脳にいいことだけをやりなさい

自己啓発本を結構読んだりします。

読んだ本をちょっと紹介しようと思います。

最近「脳にいいことだけをやりなさい」という本を読みました。

著:マーシー・シャイモフ
訳:茂木健一郎

訳の茂木先生が称賛していたので本屋で
見つけた時に買いました。

内容は、幸せになるにはどうしたらいいのか?
という大きなテーマのもとに7つの幸せに
なる方法を解説されています。

幸せになる方法とはなんだとおもいますか?
そもそも幸せの定義とはなんでしょうか?

多くの人はお金や成功、社会的地位…
などを思い浮かべるのではないでしょうか?
私もそうでした。

しかし、この本で説かれている内容には
そういったことは全く書かれていません。
人が幸せになるのはお金や成功、環境等
といった外的要因ではなく、考え方や
物の捉え方といった自分自身を変えることで
幸せを感じることが出来るとありました。

この本の内容を実際に実践してみると確かに
気持ちがすーっとするのを感じました。

何かに立ち止まったりイライラしたりする
ようなことが起きた時にはこの本を読み返すと
落ち着いて物事を考えることが出来るような
気がする内容になっています。



«  | HOME | 









このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。