スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝9時前のルール


この本は目からウロコでした!

「成果を生む人が実行している朝9時前のルール
  同じ時間と体験で人よりリターンを得る25の方法」





この本で書かれてあることは、朝早起きする方法ではありません。
朝の時間の過ごし方から人脈作りの方法です。

本の中には、朝は仕事に関係のあることではなく、自分の好きなことをする!と書かれてあります。
自分の好きなことをすることで、気分が上がり、その後に行う作業が捗るとあります。

この部分を読み、私も大好きなRIP SLYMEの曲を聞き、テンションを上げると、確かに朝から頭がスッキリしました。

私が一番興味深かったのは、やはり交友関係の広げ方です。
朝食会というものを初めて知りました!
また、この朝食会というものを知ったおかげで、f(2.0)という福岡20代のビジネスマンが集まるコミュニティに参加させて頂くことが出来ました。

この本に書かれてあることを全て一度に実践することは難しいですが、一つずつ実践し、成果を生んでいきたいと思います。

ただし、「朝9時前のルール」とありますが、朝9時前をどのように活用するのかについて書かれてある部分は、記載が少ないです。

「朝9時前のルール」と「セルフブランディング」が半々という内容でした。
ですが、交友関係を広げたい!、もっと幅広く情報の収集をしたい!という方に本当におすすめです。
スポンサーサイト

ディズニーの教え方

今日読んだ本です。

「9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方」



ディズニーランドに行ったことはありませんが、この本を読みどのようなスタッフが働いているのだろう?
仕事に対してどういったモチベーションで取り組んでいるんだろうと、行く機会があれば聞いてみたくなりました。

内容は、終始仕事の目的や後輩指導に当たる姿勢について書かれてありました。
読んでいると、当たり前だと感じるような箇所もありますが、この本に書かれてある内容が徹底されている会社はとても少ないと思います。
事実、私が務めている会社はディズニーとは程遠い職場環境です。

昨年、新入社員5名のまとめやくとして、プロジェクトに携わっていたのですが、そのプロジェクトに携わる前に読みたかったです。

今後、新入社員や協力会社さんと仕事で関わる際に、この本に書かれてある内容を意識し、実践していこうと思う。

是非読んでもらいたい

自己啓発とはちょっと違うかもしれませんが是非読んでもらいたいと思う本があります。

今日以前働いていた会社の主任さんから本のプレゼントを頂きました。

この主任さんはちょっと怖かったですが、本当に優しくて心から感謝している方です。

私が就く職業がどういったものなのかを分かっていたのでこの本をプレゼントに選んで頂いたんだと思います。



本当にすばらしいセンスです。

是非プログラマーを考えている方はこの本を読んで頂きたい。
あまりに引き込まれる内容だったので一気に読んでしまいました。

笑いあり、涙あり、本当にびっくりする内容でした。

てか、藤田さんめっちゃいい人。
就職先にいないかなぁ…。

と思うぐらいすばらしい人物が登場!!
是非みんなに読んでもらいたです。

SEの本質

SEに必要な知識はということを考えました。

当然、技術的な知識が必要です。
これは、働くうちに努力さえすれば身に付きます。

他は、コミュニケーション力。
プロジェクトメンバーと話したりクライアントと話をしたり。

では、何を話すのか?
メンバーとは進捗の管理や指示だと思います。

では、クライアントとは?

当然ビジネスの話です。
自分の会社にまかせておけば、こういった事が出来る。
こういった利益を上げることが出来る。

ここが、重要です。
下の2冊より、現在必要とされるSE像というのは、クライアント
の立場に立ち「どういうシステムを構築すれば、クライアントが
利益を最大にあげることができるか?」これを考え説明出来る
人が必要とされているらしいです。




これは、会社で教えてもらえるのか?
もちろん教えてもらうのを待つのはNGです。

ということで、最低限の経営の知識を身に付けよう。
と、思い立ち簿記の勉強を始めました。

これも私なりのブルーオーシャン戦略です。
目標は6月に3級を取得です(^^)v

本業があるので、あまり勉強が進まないと思いますが
ちょっとずつ通勤電車の中とかで進めたいと思います。

マインドマップ超入門の紹介

みんなはマインドマップって知っていますか?

私は最近知りました。
脳について知られていることって95%がここ
10年の研究によって知られたらしいです。

ということは、10年以上前から教えられている
授業でのノートの取り方って正しいと思いますか?

このマインドマップでは、従来のノートの取り方
ではなく、新たな脳にとってより刺激的で効果的
な方法が紹介されています。

実際にこのマインドマップは世界の大企業の
リーダー達が実践している方法らしいです。

日本でも一部の小学校や中学校、大学で教え
られているらしいです。

内容の前に、脳というのは文章での説明より絵
で記憶することの方が得意らしいのです。

従来のノートの取り方は結論に達するまでの
文章を書くという作業が長く、ノートに書いた内容
の内ほとんどが覚えなくてもいいことということが
あります。

このマインドマップでは脳の特性を活かし、絵を
主体に関連するイメージで内容や全体像を把握
するという方法です。

これは、ノートをまとめる以外にもメモを取る際にも
利用できるやり方です。

私は文章をだらだら書くのが苦手なので、中学時代
に出会いたかったです。

ちなみに、マインドマップについて私なりにまとめて
みました。
maidmap1.jpeg

実際に書いてみるとノートに書くよりパソコンだと使い
慣れているせいか簡単に出来ました。

しかも、書いていて楽しいというのは脳にも自分にも
いいことだと実感しました。
楽しくないと続かないですから…。

本当にこれはいい方法を知ることが出来ました。
友達に小学校の先生を目指している女の子がいるので
この本をプレゼントしようと思います。



 | HOME |  »









このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。